紙パッケージ

高精度の商品パッケージに挑戦します

お客様がパッケージに求める機能は、ますます多様化し続けています。
私たちは、パッケージに込められた思い、パッケージの持つ使命、その重要性をしっかりと認識し、最適な素材の選択と高い設計精度、訴求効果の高いデザイン、そして製造過程で必要とされる高度な印刷再現性、確実な製函技術により、パッケージの役割を実現していきます。
→紙パッケージ開発実績はこちら
→紙パッケージ事業のよくあるお問い合わせはこちら

KYOSHINの紙パッケージ事業の特徴

一貫設備を強みとした「低コスト」「高品質」「短納期」

印刷、打ち抜き、貼り(製函)までの工程設備を一貫して保有していることから、自社内で箱ができるまでの工程を完結する事が出来るため、外注などにかかるコストやリスクを省略され、「低コスト」「高品質」「短納期」を実現する事ができます。

高品質 低コスト 短納期

当社の一貫設備と箱ができるまでの流れ

印刷

当社では、パッケージデザインの訴求効果を一層高める高度な印刷再現性とリードタイムを短縮するフレキシビリティを兼ね備えたUV対応のオフセット6色機、5色機を各工場に装備しております。

打抜き

印刷後の紙は、打ち抜き機によりスピーディにパッケージの形へと打ち抜かれていきます。
当社では、各工場に最新鋭の打ち抜き機を数台ずつ保有して、お客様が要望される品質・コスト・納期を実現できる社内生産体制を整えております。

カス取り(ブランキング)

打抜き後の紙は、パッケージとなる部分と古紙として再生される不要な部分(カス)とに分かれます。
この工程では、機械により大量の紙のカスを一気に取り除きますので、省力化による低コスト化に加え、機械による加工により品質面での平準化が実現できました。

製函

箱を糊づけして仕上げる最終工程です。
各工場に異なったタイプの機械が設置され、基本的なスリーブ(筒)タイプの形状から複雑な特殊貼まで、様々な形状・サイズに対応しております。

その他の機材

紙のレーザーカット加工
紙のレーザーカット加工

さらなるパッケージの高付加価値化を追求し、独自のレーザーカット加工技術を開発いたしました。最新の紙のレーザーカット機を導入し、元々の包装設計企画力と組み合わせる事で、より高付加価値なパッケージをご提案いたします。
→レーザーカット加工の詳細はこちら
→紙のレーザーカット加工のよくあるお問い合わせ

検査機

お客様の品質に対する様々なご要望にお応えできるように、設定した品質基準に準じて、CCDカメラにより品質の判定を行います。

CAD・CAM

高度な設計機能と、多彩な機能を有してハイスピードでサンプルをカットする最新鋭のカッティングマシンを各工場に設置し、お客様のニーズに即した設計企画を迅速にご提案いたします。

紙パッケージ事業のよくあるお問い合わせ